フェアトレード専門ブランドのピープルツリーが、ナチュラル&フェアトレードのフードサイトをOPEN!

未分類|2016/12/20 posted.

家族の手料理やお店で購入するお惣菜、お弁当、加工食品など、私たちは様々な“食べもの”に囲まれている。その食材・原料は誰かがどこかで生産したものだけれど、流通や製造に多くの人が関わっているため、生産者のことを知らないままというのは一般的なことですらある。生産者の名前が分かる流通も増えてはいるが、スーパーで購入したかぼちゃを誰がつくったのかを知らない事のほうが、まだまだ多いのではないだろうか。

フェアトレード商品を企画開発・販売するパイオニア的存在であるピープルツリーが“ナチュラル&フェアトレードのフードサイト”をスタートした。1991年に前身である「グローバル・ヴィレッジ」がスタートし、今年で25周年を迎える。同社の商品を取り扱う小売店は増え続けており、フェアトレードチョコレートが雑貨店に並べられているなど直営店以外から購入される機会も増えている。

今回オープンしたフードサイトには、生産者のストーリーがまとめられている。生産者がどんな地域に暮らし、どのような方法で収穫しているかを理解することができる。彼らがどんな工夫や努力をしているか、今までどんな経緯があったかを知ることで、顔が見えるものづくりが当たり前だった頃の関係性―「いただきます」という言葉に象徴されるような、作り手・受け手がお互いのことを思いやる関係を再構築してくれるだろう。

フェアトレード商品と生産者

現在はチョコレート、コーヒー、紅茶、ハーブティー、ジャム、ドライフルーツ、ハチミツといった商品について掲載されている。商品を購入したい場合は、同サイトから貼られたリンクからオンラインショップで手続きができる。(チョコレートの販売は11月上旬予定)

ピープルツリー ナチュラル&フェアトレードのフードサイト