「日本らしさを称えよう。」 東京で収穫祭を祝う日、東京ハーヴェスト開催

持続可能な取組, |2018/10/07 posted.

実りの秋を迎えました。
ぴかぴかの新米、ほくほくした栗、きらきらしたリンゴや柿など、美味しい季節です。

「東京ハーヴェスト」は今年の実りをいただく喜びを、東京でも祝える日。

食の作り手と食べる人は”生産者”と”消費者”として距離が広り続けています。
だけど収穫の季節って、きっと作り手の人たちも、そしてその恵みをいただく人たちも、なんたが嬉しい。その気持ちを一緒に感じられる貴重な機会です。

日本各地の風土・文化・歴史によって育まれたバラエティに富んだ豊かな食。イベント期間には「47都道府県の具材で握るおにぎり」や「日本の食を知る100の体験など、日本を代表する収穫祭ならではの体験が待っています。

棚田の風景や野菜染め布でつくられるインスタレーションやランタンなどが、会場を暖かく包みます。

ふりかけ作りやふるさと納税関連ブースなど、大人から子どもまで楽しめる内容。今週末は東京で味わえる日本の収穫祭へ足を運んでみては。

■開催概要

日時:2018年10月11日(木)・12日(金)16:00~20:00、13日(土)11:00~19:00
会場:虎ノ門ヒルズ(〒105-6390 東京都港区虎ノ門一丁目23−1)・新虎通りエリア
入場:無料
公式ホームページ:http://www.tokyoharvest.com/
公式Facebook:https://www.facebook.com/tokyoharvest/
公式Instagram:https://www.instagram.com/tokyo_harvest/

■主催:東京ハーヴェスト実行委員会
(オイシックス・ラ・大地株式会社、カフェ・カンパニー株式会社、一般社団法人 東の食の会)
■プレミアム・パートナー:ふるさとチョイス
■スペシャル・パートナー:キリン株式会社、岩手県
■メイン・パートナー:株式会社伊藤園、亀田製菓株式会社、キッコーマン株式会社、株式会社永谷園、日立アプライアンス株式会社、三島食品株式会社、ロート製薬株式会社、長崎県新上五島町
■パートナー:大塚食品株式会社、株式会社小田原鈴廣、ハウス食品グループ本社株式会社、茨城県・JA全農いばらき、IWAKIふるさと誘致センター、岐阜県恵那市、長崎県対馬市、沖縄県北中城村、新潟県十日町市、福井県福井市、福岡県福岡市、宮崎県、山形村短角牛肥育部会
■サポーター:antenna*、株式会社フロンティアインターナショナル
■特別協力:新虎通りエリアマネジメント協議会、一般社団法人新虎通りエリアマネジメント、森ビル株式会社
■協力:全国農業協同組合連合会
■後援:農林水産省

▼出店者一覧と実施内容▼(五十音順)
株式会社伊藤園 【マルシェ】お茶のおもてなし
大塚食品株式会社 【屋台】当日限定カレーの販売
株式会社小田原鈴廣 【ワークショップ】板かまぼこ×日本酒のペアリング
亀田製菓株式会社 【マルシェ】柿の種の試食・販売など
キッコーマン株式会社 【ステージ】空手体験イベント、豆乳の試飲提供
キリン株式会社 【キッチンカー】東北応援企画。東北の海産物・農産物をつかったお料理
旬八青果店 【マルシェ】神山すだちのつかみどり、ほか旬の青果販売 ※10/12~13のみ出店
株式会社永谷園 【マルシェ】自社農園の葉物野菜販売
ハウス食品グループ本社株式会社 【マルシェ】世界初の辛くないたまねぎ、スマイルボールの試食販売
日立アプライアンス株式会社 【マルシェ】炊飯器「ふっくら御膳」